【バス釣りをしていて『巻き合わせ』を覚えないのは絶対に損してます!!】

バス釣り

はい!今回は〜!!

自分が初めて琵琶湖に行ってガイドさんに教えてもらった「巻き合わせ」について書こうと思います!!

これを知るだけで釣れる魚は増えると思います!(多分w)

バス釣りをしていて「巻き合わせ」を覚えないのは絶対に損してます!!

  • 巻き合わせとの出会い…

最初に書いた通りですが。

自分が初めて琵琶湖に釣りに行った時に富本タケルさんのガイドを受けた際に教えてもらいました!

と言うか初めて耳にしました…w

春の琵琶湖に行ってした釣りが。

ベイトフィネスでスモラバを投げてウィードからほぐして落として、みたいな感じの釣りでした。

巻き合わせを知るまで魚をかける時には、ロッドをたてて「フッキング」をすればかけられると思っていたんですが…

しかし…

それだけだとかけられないみたいです!!

厳密に言うとフッキングもするんですが!w

それまで自分の釣りの中ではロッドをたてるフッキングのみだったし、それで釣れてないわけでもなかったので気にしてなかったんですけどね…

使うリグとかで使い分けていけたら良いなと思います!!

スポンサーリンク
  • 巻き合わせとは

一応自分のイメージですと巻き合わせと言うのはワームの釣りで使うものかなと!

後はシチュエーションですかね。

水中にウィードがあったり、結構遠くの方で食ってきててフッキングパワーが足りない時など。

巻き合わせが使える様になると、色々なリグで使い始めてしまいますが!w

リグの種類的には、先程話していたスモラバやテキサス、パンチショット(直リグ)、ネコリグ、ヘビキャロ、高比重系のノーシンカーなどどれでも使えると思います!

巻物の場合は巻いているので、言うならば既に巻き合わせに近いと思いますw(スイムジグなどは巻き合わせ必須です!)

基本的にはフッキングをする際にラインスラックを取るじゃないですか、そしてそこからロッドを立ててフッキングすると言う流れですよね。

なのでリールはハイギアやそれ以上早く巻けるものならOKだと思います!

ノーマルギアやローギアはあまり向いてないかもです…

流れ的には!!

ラインスラックを取る

    ⬇︎

ゴリ巻き(巻き合わせ)

    ⬇︎

  フッキング

と言う流れです!!

フッキングって高まるじゃないですか?w

そこに向かうのを我慢して…

巻き続けて下さい!!

巻き続けると重くなって魚が乗っている感覚がきます、そこからフッキングにもっていくと言う流れです。

シンプルなんですが、意識してないと意外と我慢できずにフッキングしたくなっちゃうんですよね…

でも、これがちゃんと出来るとフッキングで失敗する事が少なくなると思います!

ちゃんとラインスラック取れてなくてフッキングミスとか…

かけた後はほぼバレた事もないし、すっぽ抜けとかも意外とないんじゃないかな〜と言う感じです。

なので…

めちゃオススメなんです〜!!!!

最後に

自分は琵琶湖に行って初めて知った巻き合わせ!!

関東で釣りしてるとあまり入ってこない知識だったと思います。

なので、もしかしたらウィードがある西の方では常識だったりするかもしれません…

文面ではあまりわからないかもしれないので自分がそれをやっている動画載せておきます!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

お手数なのですが10:30位から見てもらえたら、巻き合わせ場面に出会えると思います!

ちなみにこれはシュンテキを初めて使った動画になります!w

他にもバス釣り動画やキャンプや叩いてみたなどあげているので、良ければみていただけたらと思います!!

最後まで読んで頂いてありがとうございました〜!!

中戸川大行

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました