【バスロッドの表記について簡単に解説します!】

バス釣り

はい!今回は!!

バスロッドの表記について「これはどう言う意味?」と思う方がいるかもなので、それを簡単に解説していきたいと思います!

バスロッドの表記について簡単に解説!

まずは、どんなものが書いてあるか見て頂こうと思います!

基本的にはロッドのスペックが載っていて、それがロッドの使えるオススメの範囲みたいな感じです。

これは自分が使っているノリーズのロッドになるんですが、今回はこれで解説させて頂こうと思います!!

シリーズ・長さ・硬さ(ST6100MH)

  • シリーズ

最初に書いてあるのは、ノリーズのロッドの中のシリーズ名になります。

ROAD RUNNER STRUCTURE(ロードランナーストラクチャー)シリーズという部分のSTRUCTUREのSTの部分になります。

  • 長さ

6100は長さになります。

バスロッドの長さの表記は「フィート・インチ」になるので、この場合は6フィート10インチと読みます。

それなら610でいいと思うのですが6100でなっております。

ちなみにフィートとインチを㎝でも表しておきます。

1フィート=30.48cm

1インチ=2.54cm

  • 硬さ

このロッドにはMHと書いてありますが、読み方はミディアムヘビーです。

硬さに関しては使うルアーやリグによって選びます。

硬いほど重いものに対応していて、柔らかいほど軽いものに適してるというのがセオリーになってます。

表記も少し書いておきます、上が柔らかくて、下に行くほど硬くなります。

UL=ウルトラライト(スピニング)

L=ライト     (スピニング)

ML=ミディアムライト(ここら辺はスピニングとベイト両方あります)

M=ミディアム   (ここからは下は割とベイトが多いと思います)

MH=ミディアムヘビー

H=ヘビー

XH=エクストラヘビー

 

スポンサーリンク

ルアーの重さ・ラインの太さ(1/4〜3/8,1/4〜3/4oz|12〜16lb)

  • ルアーの重さ

1/4〜3/8と1/4〜3/4ozというのが重さの表記になってます。

バス釣りは重さに関しては「オンス(oz)」で表記されます。

バス釣り始めて、重さに対しての知識をつけるのが中々大変だなと思いますね…

これも少しgで書いておこうと思います。

1/4=7g

3/8=10g

1/2=14g

3/4=21g

1=28g

多少わかりやすくなるかもですが、1ozが28gというのを基準で考えるといいと思います。

そうすると3/4,1/2,1/4(21,14,7)と7の倍数という感じになるので、対応もしやすいと思います!

でも…軽いものの方が実際わかりにくいのですが!w

  • ラインの太さ

12〜16lbというのがラインの太さの表記になります。

そして、ラインの太さは「ポンド(lb)」で表記されます。

よく使われるポンド数は、スピニングだと4lb、ベイトは12lbが多いかなと思います。

これは場所とか、使うルアーで結構変わるので、それに合わせてみて下さい。

あと、覚えておいて欲しいのがPEラインや他の釣りだと「号」で呼ばれたりするので、ポンドとの数え方も載せておきます。

0.5号=2lb

1号=4lb

1.5号=6lb

2号=8lb

みたいな感じで表記されます、これに関しては4lbが1号って覚えておくと計算しやすいかなと思います!

【バス釣りで使用されるライン(糸)】3種類のメリット・デメリットを簡単に解説します!
はい!今回は!! バス釣りで使われるライン(糸)3種類と、そのラインごとのメリット・デメリットを簡単に説明していこうと思います!! ...

ラインの種類などについても書いた記事があるので、気になる方は読んで頂ければと思います!

補足

今回はノリーズのロッドを参考にしたんですが、他のメーカーになるとまた違う表記とかもあるので気をつけて下さい!

シマノのシリーズの中には、硬さの表記が1〜4とか数字になったりもします。

そして、硬さの基準に関してはメーカーごとで違うと思うので、同じ「MH」だとしても、全部のロッドが同じ硬さだと言うことでもないので、注意して下さい!

最後に

はい!ロッドの表記を簡単に解説させて頂きました!

でも、本当にメーカーごとで色々違うので注意はして頂きたいのですが、近しいものはあると思うので参考にしてもらえたらなと思います!!

自分のYouTubeチャンネルでもバス釣りの動画も上げているので、良ければ見て下さい!!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

中戸川大行

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました