バス釣りで使用されるライン(糸)3種類と、各メリット・デメリットを簡単に解説します!

バス釣り

はい!今回は!!

バス釣りで使われるライン(糸)3種類と、そのラインごとのメリット・デメリットを簡単に説明していこうと思います!!

バス釣りで使用されるライン3種類とメリット・デメリット

  • フロロカーボン
  • ナイロン
  • PE

これがバス釣りで使われているラインの種類です。

3種類のメリット・デメリットがあるので、そこを紹介していきましょう!

フロロカーボン

近年のバス釣りにおいて、1番メインに使われているのがこのフロロカーボンラインだと思います。

  • メリット

・素材的に3種類の中では、比重が高く沈みやすいので、ルアーを沈ませる釣りに向いてます。

(ラバージグやテキサスリグなど)

ラインの伸びが少ないので、ルアーの操作感や地形、バイトなどもわかりやすいです。

・水が染みづらいので、ラインの劣化もしにくいです。

根ズレに強く、カバーや障害物の釣りにも向いてます。

  • デメリット

・比重があって沈みやすいの反対で、ルアーを浮かす釣りには少し不向きではあります。

糸グセがつきやすいかも知れません。

ナイロン

一昔前はフロロではなく、ナイロンラインが主流だったみたいです。

  • メリット

・比重が低く、ラインが沈みにくいのでトップウォーターの釣りなどに向いてます。

・フロロより伸びがあり、巻物などのドン!っとくる、バスからの急なあたりを弾きにくい所があります。

・ラインがしなやかなので、キャストもしやすいです。

・価格的に安い。

トラブルが少なく、扱いやすいので、初心者の方に向いているラインだと思います。

  • デメリット

・比重が低いので、沈ませるルアーには不向きです。

・吸水性が高いのと、紫外線にも弱いので、ラインの劣化が早いです。

摩擦に弱く、障害物があるところでは、ラインブレイクに繋がりやすいので、気をつけて下さい。

PE

上記の2つとは違って、PEは色々な釣りができる様なオールマイティ感は少なく、場面に特化したラインだと思います。

  • メリット

1番比重が低く、水に浮くのでトップウォーターに最適です。

・そしてラインが全く伸びないので、とっさのフッキングも決まりやすいです。

・ラインが伸びない事から、ルアーの操作性も高くアクションさせやすいです。

・フロロやナイロンよりラインを細くしても、2つよりも強度があって非常に強いラインです。

・ラインが軽いので、飛距離が出せます。

  • デメリット

・ラインが伸びないので、バスが喰った?と思ってラインに聞いたりすると、不審に感じてバスが吐き出す事が多いかも知れないです。

・ラインが軽いので、強風で使うとラインメンディングが大変です(風に流されちゃう)

・ベイトリールでフルキャストすると、ラインが食いこんでトラブルが起こりやすいです。

・植物系のストラクチャーならいいんですが、岩とかコンクリ系のストラクチャーに弱く、切れやすいので注意して下さい。

使用するのにリーダーを組まなきゃいけなかったり、スナップを直で使う時などは、アロンアルファとかを使った方がいいかも知れないです…リグるのがめんどくさいです!w

最後に

今回はバス釣りで使う3種類のラインについて、メリットとデメリットを簡単に書いて見ました!

一応、注意として。

書いた事が絶対ではなくて、1意見として捉えて頂いて、同じ種類のラインでも、メーカーごとでも違うので、自分に合った物を見つけて頂けたらと思います!!

それでも、3種類使ってもらえたら、用途の違いなんかもわかりやすいと思います。

個人的にはPEはやっぱ面白いと思うので、虫やパワーフィネスなど、フロロ・ナイロンとは別次元な釣りをして見て欲しいです!w

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

中戸川大行

タイトルとURLをコピーしました